ファクタリングが定着してくる

企業の資金調達方法として今まで、銀行などの金融機関からの資金調達が絶対的存在だったのに対し、
ファクタリングhttp://xn--t8j0gd0a6zzb6716acewb9mn8h1g.xyz/という手法が定着しつつあります。

ファクタリングとは、簡単に言ってしまえば、何か保有している資産を売買して現金に変える手法です。
ビジネスでは売掛金を売買し、現金化することを一般的には指します。

売掛金とは、かけ取引をした際に利用する用語で売買が成立しているけれども、
実際の支払いは指定された後日(指定日までの期間のうち)に行われます。

そのため、実際に売主が現金を手にするまでには売買から時間がかかるため、
すぐに、現金として使うことができないのです。それを解消できるのがファクタリングです。

現在では、大小限らず、ファクタリングを専門的に行う企業も多数出てきています。
通常の銀行などの資金調達などと違い、自身の資産の中で回しているため、
最大のメリットは返済義務が無いということです。

今後、さらに注目されるであろうファクタリングに注意が必要です。

 

融資を受けた後に何か月も滞納するとブラックリストに掲載される

ブラックリストというと一度載ったら二度と消されない、公的な信用は復活できないイメージですが
本当のところはどうなんでしょう。

金融業者から融資を受けた後、返済を滞納するとブラックリストに掲載されると言うリスクがあります。
ブラックリストは加盟金融業者同士で共有されているために、掲載中はどこに申し込みしても審査に受からないです。

クレジットカードに申し込みしても作成できなくなってしまいます。

このブラックリストは3か月以上の滞納、任意整理や個人再生や自己破産などの債務整理、
1か月に3社以上の多重申込などがあります。過去に行った事がある方はブラックリストに掲載されている可能性があります。

一度掲載されたら二度と消えないというような事は無いです。登録期間と言うものがあり、過ぎればブラックリストから
消えてまたお申し込みしても審査に受かるようになります。しかし個人再生や自己破産では長いと10年ほども消えないです。

消えたかどうか信用情報機関に開示請求すれば確認する事が可能です。
インターネット、郵送、窓口などの開示方法がありこのうちインターネットが一番便利です。